中国新聞
rl_header_img_alt

※「ページの処理中にエラーが発生しました。カラースペースが無効です。」と表示され、PDFファイルが閲覧できない場合は、「紙面ダウンロード」バナーの上で右クリックし、「対象をファイルに保存」でPDFを保存してからご覧ください。

◎DATA


イシガイ目カワシンジュガイ科カワシンジュガイ属
【環境省】絶滅危惧Ⅱ類 【広島県】絶滅危惧Ⅰ類・指定野生生物種 【北広島町・庄原市】天然記念物
体長は最大で約13cm。冷涼な環境を好む淡水二枚貝で、北海道、東北北部などの山間部に生息する。川底に突き刺さった姿から、「立ちっ貝」とも呼ばれる。河川環境の変化による個体数の減少が著しく、多くの生息地で天然記念物に指定されている。

消えゆく「育ての親」

アブラボテは繁殖時期になると体をつややかな黒色に染めることから、かつては観賞魚として好まれていました。
ところがその後、数が減り、現在は準絶滅危惧種に指定されています。減少の原因は育ての親が減ったことにあります。アブラボテは、広島県の上流域ではカワシンジュガイの貝殻の中に卵を産み付けます。卵は貝殻に守られて成長します。
ところがそのカワシンジュガイが減少し、今や広島県内でカワシンジュガイが生息するのは北広島町の芸北地域と庄原市の帝釈地域だけ。卵を守る育ての親が無くては、アブラボテは繁殖できません。

三すくみの関係

それではなぜ、カワシンジュガイは減少してしまったのか? 原因のひとつは川の氾濫です。
かつてカワシンジュガイが住む世界的な南限は、大竹市を流れる小瀬川でした。しかし、1950年代に相次いだ台風により川底が荒れ、加えてダムの建設による水温の上昇により小瀬川では絶滅してしまいました。その他の原因として、アブラボテと同様、育ての親の減少が挙げられます。
広島県では、カワシンジュガイは川魚のアマゴに幼生を寄生させます。1970年代にアマゴが乱獲された結果、カワシンジュガイが幼生を寄生させる相手が激減してしまいました。アマゴが減った結果、カワシンジュガイが減り、その結果アブラボテも減ったのです。
 

生き残りへの知恵

夏になると川を遡上するアマゴの習性は、冷たい水を好むカワシンジュガイにとって好都合。アマゴのエラに寄生した幼生は、アマゴと共に上流へ移動することができます。
自力では遡上できないカワシンジュガイにとって、貴重な移動手段なのです。上流でエラから川底へ落ち、冷たい水の中で成長します。川の増水などで下流に流されてしまった際の上流への復帰にも、役立っていると考えられています。

絶滅したはずが・・・

現在の世界的な南限は北広島町ですが、ここでもカワシンジュガイは絶滅したと思われていました。ところが、1986年、小川の改修作業中に33個体が発見されました。
旧芸北町は、その年に天然記念物に指定。川底を砂地にして、川に石を並べてよどみを作り、カワシンジュガイの住みやすい環境を整えました。

(左 1986年6月4日付 中国新聞朝刊)

保護活動は子どもたちへ

保護活動は地元の小学生たちにも波及しました。北広島町の芸北小学校(統合前は雲月小学校)では、8年前からカワシンジュガイの育ての親となるアマゴの放流に取り組んでいます。
専門家の生態についての授業や川の観察を通して、地域の生き物への理解を深めています。

古代人の食卓には・・・

庄原市東城町で1961年、およそ一万二千年前の地層からカワシンジュガイの殻が出土しました。
当時は食料に乏しかったことから、貴重なタンパク源だったようです。土器に焼け焦げた跡があり、煮て食べていたことがうかがえます。

レッドデータブックとは

絶滅のおそれのある野生生物の生息状況などがまとめられたものです。環境省や各自治体、学術団体が発行しています。

広島県では「レッドデータブックひろしま2011」が、2012年に発行され、絶滅のおそれのある1,000種の動植物が紹介されています。

県民いきもの調査

広島県では「外来生物」や「絶滅危惧種」などのいきもの調査を行っています。

県ホームページに情報をお寄せください。


◎監修:内藤 順一さん(認定NPO法人 西中国山地自然史研究会)
◎参考文献:レッドデータブックひろしま2011

アブラボテ産卵の様子

ケーブルテレビ番組

清流のカップル 実は三角関係!?

  • ●ふれあいチャンネル
  • ●ひろしまケーブルテレビ
  • ●尾道ケーブルテレビ

放送スケジュール

協賛企業・団体

  • イオンリテール
  • エヴリィ
  • オーナーズスタイル
  • キャンディープロモーション
  • サカタインクス
  • そごう
  • 西広島開発
  • 広島銀行
  • 薬剤師会
  • 広島修道大学
  • 広テレ
  • 広島トヨペット
  • 福屋
  • 福山大学
  • 福山平成大学
  • 三次市
  • 安田女子大学

◎後援 

  • 広島県
  • 生物多様性総合情報サイト

◎企画・制作:中国新聞社広告局

本サイトに関するお問い合わせは【中国新聞広告局】電話番号082-236-2211 9時30分から17時30分まで(土日祝除く)