中国新聞
rl_header_img_alt

※「ページの処理中にエラーが発生しました。カラースペースが無効です。」と表示され、PDFファイルが閲覧できない場合は、「紙面ダウンロード」バナーの上で右クリックし、「対象をファイルに保存」でPDFを保存してからご覧ください。

◎DATA


イシサンゴ目 キサンゴ科
【広島県】準絶滅危惧
瀬戸内海や東京湾、日本海などの、比較的海流が早くやや深い場所に生息。成長は極めて遅く、1年に数ミリ程度しか大きくなりません。海水中の炭酸カルシウムを吸収し、非常に固い骨格を樹状に伸ばします。

奉納された宝

「サンゴ」というと、一般的には南洋の海で大きなサンゴ礁を形成するタイプのものを想像しますが、瀬戸内海の海底にも美しいサンゴが暮らしています。その名はオノミチキサンゴ。
広島県向島産の標本からその名が付けられたサンゴですが、江田島市の能美島沖や大黒神島沖、呉市上蒲刈島沖や下蒲刈島沖の水深10mを超える場所でその姿を見ることができます。
かつては瀬戸内海のさまざまなところで生息しており、漁師の底引き網にかかって陸に上げられたサンゴは、今でも「宝」として地域の神社やお寺に供えられています。

2種類のタイプがあるサンゴ

サンゴは、石や植物のように見えますが、餌を食べてエネルギーを得ているれっきとした動物です。オノミチキサンゴは「非造礁性サンゴ」と呼ばれ、サンゴ礁をつくらず、ポリプから触手を伸ばしプランクトンなどの餌を捕らえています。
「造礁性サンゴ」のように藻類と共生しないため、光の届かない深い場所でも生きることができます。

減少の原因はさまざま

高度経済成長期の海水汚染や海砂の採取、埋め立てなどは、それまでの海中の環境を変化させ、オノミチキサンゴの生態に大きな影響を与え、個体数が減ったとみられています。
例えば、海砂の採取。大量の砂を巻き上げるために、サンゴの表面に泥を付着させ、さらに海流も変化させてしまいます。
サンゴは成長するまで時間がかかるため、一度減少するとなかなか元の状態に戻ることができません。

まずは知ることから始めよう

江田島市大柿町にある大柿自然環境体験学習交流館(愛称:さとうみ科学館)では、廃校となった旧深江小学校の校舎を活用し、地域の自然に触れながら学ぶことができます。
館長の西原直久さんは、「オノミチキサンゴは、まだ、その生息状況が正確に把握されていません。身近な海にどんな生き物が暮らしているのか、まずは分布の状況を知ることが大切です」と訴えていました。

レッドデータブックとは

絶滅のおそれのある野生生物の生息状況などがまとめられたものです。環境省や各自治体、学術団体が発行しています。

広島県では「レッドデータブックひろしま2011」が、2012年に発行され、絶滅のおそれのある1,000種の動植物が紹介されています。

県民いきもの調査

広島県では「外来生物」や「絶滅危惧種」などのいきもの調査を行っています。

県ホームページに情報をお寄せください。


◎監修・写真提供:西原直久さん(さとうみ科学館)
◎参考文献:レッドデータブックひろしま2011


海中のオノミチキサンゴの様子

ケーブルテレビ番組

  • ●ふれあいチャンネル
  • ●ひろしまケーブルテレビ
  • ●尾道ケーブルテレビ

放送スケジュール

協賛企業・団体

  • サカタインクス
  • そごう
  • 西広島開発
  • 広島ガス
  • 広島県環境保健協会
  • 薬剤師会
  • 広テレ
  • 広島トヨペット
  • ホームテレビ
  • 福屋
  • procare

◎後援 

  • 広島県
  • 生物多様性総合情報サイト

◎企画・制作:中国新聞社広告局

本サイトに関するお問い合わせは【中国新聞広告局】電話番号082-236-2211 9時30分から17時30分まで(土日祝除く)